産経WEST

世界に1台の“香りと音が出るオルガン” 大阪市中央公会堂でワンコインコンサート 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


世界に1台の“香りと音が出るオルガン” 大阪市中央公会堂でワンコインコンサート 

音と香りを同時に“奏でる”オルガンcNatsuki Kuroda 音と香りを同時に“奏でる”オルガンcNatsuki Kuroda

 クリスマス前のひとときを建物の素晴らしさを味わうとともに音楽も楽しんでもらおうと、国の重要文化財に指定されている大阪市中央公会堂(大阪市北区)で12月23日午後1時から「ワンコイン見学会&コンサート」が開かれる。500円でゴスペルやジャズコンサートが聴けるほか、世界に1台しかない、音に合わせて香りが出るオルガンも登場。実際に弾いて“音と香りの協奏”を体感することもできる。(石見有紀) 

イベントの目玉は、幅約4メートル、高さ約2メートルの「香りを奏でるオルガン」。1857年に英国の調香師・ピエスが発表した香りの音階「香階」に着想を得て、柔軟剤のCM用に日本で製作され、今年10月に完成した。

 オルガンには天然香料の入った小瓶が並び、鍵盤を押すと瓶がスライドして蓋が外れると同時に空気が送られ、香りと音が同時に出てくる仕組み。1つの音ごとにローズやラベンダー、バニラ、ペパーミント、ムスク、ジャスミンなど46種類の香りを割り当てている。この日は、プロ演奏家による演奏のほか、実際に鍵盤に触れて香りと音のハーモニーを体感できる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 世界に1台の“香りと音が出るオルガン” 大阪市中央公会堂でワンコインコンサート 

「産経WEST」のランキング