産経WEST

民家改装し「大麻ハウス」…大麻栽培の容疑でベトナム人2人、兵庫県警が逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


民家改装し「大麻ハウス」…大麻栽培の容疑でベトナム人2人、兵庫県警が逮捕

照明で管理されたホアン容疑者宅の大麻草。まるで大麻ハウスだった=兵庫県西宮市(兵庫県警提供)

 一戸建ての民家2軒を改装し、室内で密売用の大麻草を栽培したとして、兵庫県警薬物銃器対策課などは7日、大麻取締法違反(営利目的栽培)などの容疑で、いずれもベトナム籍の無職、レ・チョン・トゥアン(40)=同県加古川市=とホアン・バー・ラム(44)=同県西宮市=の両容疑者を逮捕、送検したと発表した。

 県警によると、室内には栽培速度を早めるための照明器具や換気設備が設置されていた。2軒からは大麻草計279株と乾燥大麻約100グラムが押収され、末端価格は1億500万円相当に上るという。

 逮捕、送検容疑は共謀し9~10月、ホアン容疑者宅で大麻草181株を栽培したとしている。レ容疑者は自宅でも98株を栽培したとしている。いずれも容疑を認め、「友人に言われて育てていた」などと供述しているという。

 レ容疑者宅の近くの住民から「不審な物音がする」と通報があり、県警が10月に捜索していた。民家はいずれも別人名義で賃貸契約され、県警は他にも関与した人物がいるとみて密売先などを調べている。

このニュースの写真

  • 民家改装し「大麻ハウス」…大麻栽培の容疑でベトナム人2人、兵庫県警が逮捕

「産経WEST」のランキング