産経WEST

熱々の大根を食べて無病息災…京都・千本釈迦堂で「大根だき」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


熱々の大根を食べて無病息災…京都・千本釈迦堂で「大根だき」

師走の風物詩、京都・千本釈迦堂の「大根だき」。大鍋で煮た熱々の大根が参拝者に振る舞われた=7日午前、京都市上京区(志儀駒貴撮影)

 京都市上京区の千本釈迦堂(大報恩寺)で7日、師走の風物詩「大根(だいこ)だき」が行われ、大鍋で煮た熱々の大根が参拝者に振る舞われた。8日も行われる。

 釈迦が悟りを開いたことを祝う法要「成道会(じょうどうえ)」にちなむ行事。江戸中期から法要に合わせ、大根を参拝者に配って無病息災を祈るようになったという。

 この日は二十四節気のひとつ「大雪(たいせつ)」。大根が炊き上がると、訪れた参拝者は健康を願いながら次々とほおばっていた。

このニュースの写真

  • 熱々の大根を食べて無病息災…京都・千本釈迦堂で「大根だき」
  • 熱々の大根を食べて無病息災…京都・千本釈迦堂で「大根だき」
  • 熱々の大根を食べて無病息災…京都・千本釈迦堂で「大根だき」

「産経WEST」のランキング