産経WEST

“美しすぎる維新市議”らに問責決議 政活費の扱い「あまりに稚拙でずさん」 堺市議会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“美しすぎる維新市議”らに問責決議 政活費の扱い「あまりに稚拙でずさん」 堺市議会

問責決議案が可決された小林由佳市議 問責決議案が可決された小林由佳市議

 小林由佳(よしか)・堺市議(37)=大阪維新の会=の約1千万円に上る政務活動費の不適切支出問題で、市議会は4日の本会議で、各会派の議員提案で提出された小林市議と秘書だった黒瀬大市議(39)に対する問責決議案を全会一致で可決した。両市議が所属していた大阪維新市議団だけは提案会派に加わらなかったが、賛成した。

 問責決議案の採決では、当事者である両市議は退席。決議では、2人の政活費の取り扱いについて、「あまりにも稚拙かつずさん」と指摘。そのうえで「いまだ市民に対し説明責任を果たしておらず、市民の議会に対する信頼を失墜させている」などとして、「責任を厳しく問う」と結論づけている。

 問責決議について記者団に小林市議は「信頼回復に努める」、黒瀬市議は「市民の立場に立って活動を続ける」と述べ、議員を続ける考えを示した。

 一方、本会議では、会派に属さない長谷川俊英市議と共産党市議団が、地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委)の設置案、公明党市議団と自民党・市民クラブが、竹山修身市長に刑事告訴するよう求める決議案を提出し、議会運営委員会に付託された。17日の定例市議会最終日の本会議で採決される。

 小林市議の政活費をめぐっては、市が約1千万円の返還を請求。小林市議は約400万円だけを返還している。大阪維新は10月19日、小林市議を資格停止3カ月、黒瀬市議を除籍(除名)としていた。

このニュースの写真

  • “美しすぎる維新市議”らに問責決議 政活費の扱い「あまりに稚拙でずさん」 堺市議会

「産経WEST」のランキング