産経WEST

奈良・東大寺大仏の髪は966個→492個 定説の半分…レーザー解析で判明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良・東大寺大仏の髪は966個→492個 定説の半分…レーザー解析で判明

レーザー光で得た大仏頭部の三次元データ(大石岳史准教授提供)

 奈良・東大寺の盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう大仏)の螺髪(らほつ=毛髪)が文献に記された「966個」ではなく、約半分の「492個」だったことが3日、レーザー解析で分かった。江戸時代に造り直された現在の大仏の螺髪の数は光背(背後の装飾)があるために数えられず、これまで謎だった。

 螺髪は丸まった渦巻き状の髪。もとの大仏は奈良時代に完成し、平安時代の「東大寺要録」に「螺髪を966個つくった」と記載されている。江戸・明治時代の文献にも966個とあり、ずっと定説だった。

 しかし最近、参拝者らから螺髪の数を問われることが多くなり、寺が正確な数の調査を東京大生産技術研究所の大石岳史准教授(メディア工学)に依頼。研究グループで大仏の3次元データを解析した結果、483個を確認し、さらに痕跡から9個分が欠けていたことが分かった。

 奈良時代に実際に966個あったかは不明だが、現在の大仏(高さ約15メートル)の螺髪は直径約22センチ、高さ21センチ、重さ1・2キロ。当初のものより直径が大きいという。東大寺の橋村公英執事は「大仏や華厳(けごん)宗、仏教に興味を持ってもらうきっかけになってほしい」とする一方、「実際の数はともかく、文献に記された当初の『966』という数が大切に伝えられてきたことも感じられる」と話している。

このニュースの写真

  • 奈良・東大寺大仏の髪は966個→492個 定説の半分…レーザー解析で判明
  • 奈良・東大寺大仏の髪は966個→492個 定説の半分…レーザー解析で判明

「産経WEST」のランキング