産経WEST

バイクで自転車を踏切内に押し出し 元同級生死なせた16歳無職少年逮捕 兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


バイクで自転車を踏切内に押し出し 元同級生死なせた16歳無職少年逮捕 兵庫県警

 兵庫県尼崎市のJR福知山線猪名寺-塚口間の踏切で今年3月、高校1年だった同市の山内美輝(よしき)さん=当時(16)=が自転車に乗っていて電車にはねられ死亡する事故があり、兵庫県警少年捜査課などは3日、バイクを無免許運転しながら山内さんの自転車を踏切内に押し出し、電車と衝突させて死なせたとして、無免許過失運転致死容疑で、友人で同市の無職少年(16)を逮捕した。

 県警によると、少年は踏切の約200メートル手前から時速約50キロでバイクを走らせ、山内さんの自転車を後ろから右足で押していた。踏切は遮断機が降りており、少年は手前で足を離したが、勢いがついた自転車は止まらず、遮断機を乗り越えて電車にぶつかったという。少年は「自転車を押したことに間違いないが、(踏切の手前で)止まれると思っていた」と容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は3月28日午後5時ごろ、同市南清水の踏切に山内さんの自転車を進入させ、同志社前発宝塚行き快速電車と衝突、死亡させたとしている。山内さんは全身を強く打つなどして即死だった。

 県警によると、山内さんと少年は中学時代の同級生で、当時は他の同級生3人と近くの公園に向かっていた。3人はバイク2台と自転車1台で、山内さんらの後ろを走っていたという。

 県警が踏切近くの防犯カメラの映像を解析したところ、少年らが映っていたことから捜査を進めていた。少年は「仲間内では普段からバイクで自転車を押すような遊びをしていた」とも供述しており、県警は詳しい状況を調べている。

「産経WEST」のランキング