産経WEST

【マリオと駆けた30年(3)】続編で新たな挑戦…幻に終った発想も 任天堂ゲームプロデューサー、手塚卓志さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【マリオと駆けた30年(3)】
続編で新たな挑戦…幻に終った発想も 任天堂ゲームプロデューサー、手塚卓志さん

任天堂の手塚卓志さん=京都市南区(柿平博文撮影)

 テレビゲーム普及のきっかけともなった任天堂のゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」が昭和60(1985)年9月に発売されて今年で30年。大きな鼻と口ひげがトレードマークのマリオが走り回るコースは、どのように作られていったのか。担当した任天堂ゲームプロデューサー、手塚卓志さん(55)にアイテムやキャラクターの工夫などを聞いた。(聞き手 織田淳嗣)

 --任天堂のゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」の発売翌年の昭和61年には、より難易度の高い続編「スーパーマリオブラザーズ2」が出ました

 手塚 「もっと難しいコースを遊びたい」という要望がありました。新しいタイプのゲーム機用として作りました。キャラクターや音楽はそのままに、床のブロックの絵を変えたんです。ちょっとしたことでしたが、違いをアピールしたかったんです。

 --取ると、やられてしまう「毒キノコ」が出てきたり、向かい風が吹くなど新しい試みもありました

 手塚 アイテムは取ってうれしいものだけじゃなく、意地悪なものも入れたいなと。ただ、相当意地悪だったということで毒キノコや向かい風は後の作品には出てきません(笑)。

 --その2年後には構成を全面的に変えた「3」が登場しました

マリオが初めて空に…尻尾を振りながら飛んだワケ

このニュースの写真

  • 続編で新たな挑戦…幻に終った発想も 任天堂ゲームプロデューサー、手塚卓志さん
  • 続編で新たな挑戦…幻に終った発想も 任天堂ゲームプロデューサー、手塚卓志さん
  • 続編で新たな挑戦…幻に終った発想も 任天堂ゲームプロデューサー、手塚卓志さん
  • 続編で新たな挑戦…幻に終った発想も 任天堂ゲームプロデューサー、手塚卓志さん

「産経WEST」のランキング