産経WEST

【衝撃事件の核心】「じゃかましいのはあいつらだ」 掟破り「私道バリケード封鎖」老夫婦が激白 住民と〝20年戦争〟の異様

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「じゃかましいのはあいつらだ」 掟破り「私道バリケード封鎖」老夫婦が激白 住民と〝20年戦争〟の異様

記者に対して過去の裁判資料などを示し、自らの正当性を主張する夫=堺市西区 記者に対して過去の裁判資料などを示し、自らの正当性を主張する夫=堺市西区

 何が老夫婦を異様な行動に駆り立てたのか。堺市西区のいずれも77歳の夫婦が11月、自宅前の私道に大量の植木鉢などを置いて「バリケード」を築き、通行を妨げたとして、往来妨害容疑で大阪府警に逮捕された。夫婦は近隣住民と私道を共同所有しているにもかかわらず、自宅前のスペースの「所有権」を振りかざし、約20年前から近隣住民らとの間でトラブルを繰り返していた。住民との対立は根深く、逮捕前の取材には「20年間の恨み」を口にし、「逮捕されるわけがない」と自らの正当性を主張した。10年前にも同じ容疑で逮捕、有罪判決を受けたことがあり、府警は「態様が極めて悪質」と逮捕に踏み切ったが、これで夫婦の〝20年戦争〟に幕は下りるのか。

軽トラで「証拠品」押収

 11月24日午前、堺市西区の住宅地に府警の捜査員が集まった。一部の捜査員は、往来妨害容疑で逮捕した夫婦と捜査車両に乗り込むと、西堺署に出発。残る捜査員が私道に置かれた植木鉢などの押収を始めた。

 軽トラックに運び込まれたプラスチック製の植木鉢は10個以上。多数のコンクリート製ブロックも撤去され、「どうしてこんなものが道の真ん中にあるのか。とにかく異様だった」(捜査関係者)。同日昼ごろには、私道を長期間ふさいでいた障害物は消えた。

 2人の逮捕容疑は、昨年9月以降、幅約2・4メートルの私道に植木鉢などを置き、人や車の通行を妨げたという内容。所狭しと並べられた植木鉢などにより、私道のすき間はわずか30センチほどしかなかった。この私道は近隣住民との共同所有で、他の住民の通行を妨害するのは違法行為といえた。

このニュースの写真

  • 「じゃかましいのはあいつらだ」 掟破り「私道バリケード封鎖」老夫婦が激白 住民と〝20年戦争〟の異様
  • 「じゃかましいのはあいつらだ」 掟破り「私道バリケード封鎖」老夫婦が激白 住民と〝20年戦争〟の異様
  • 「じゃかましいのはあいつらだ」 掟破り「私道バリケード封鎖」老夫婦が激白 住民と〝20年戦争〟の異様

「産経WEST」のランキング