産経WEST

【若手記者が行く】ついに完成「昆虫ソース」 イナゴのほかトノサマバッタも使用 焼き魚やコロッケに合う不思議な味

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【若手記者が行く】
ついに完成「昆虫ソース」 イナゴのほかトノサマバッタも使用 焼き魚やコロッケに合う不思議な味

イナゴソースを卵かけご飯にかけて食べる記者=和歌山市 イナゴソースを卵かけご飯にかけて食べる記者=和歌山市

 「イナゴを原料にしたソースを作っているんです」。そんな言葉に驚き、今年の夏から取材を始めた地域活性化団体「いなか伝承社」主宰の田中寛人さん(33)=和歌山県紀の川市=が、ついに「イナゴソース」を完成させた。“しょうゆの町”として知られる同県湯浅町のしょうゆ職人の指導を受けながら製作したという全国初の昆虫発酵調味料。はたして和歌山の魅力を全国に発信するヒット商品となるか。焼き魚やコロッケ、サラダなど何にでも使えるというソースはどんな味なのか。何をさておき試食してみた。(土屋宏剛)

イナゴソースの味

 田中さんは和歌山の魅力を発信する活動の一環としてイナゴソース作りに取り組み、試行錯誤の末、今年10月下旬に完成させた。ソースは2種類(いずれも100ミリリットル)で、「1号醤油(しょうゆ)麹」「2号米麹(こめこうじ)」と名付けた。1号、2号というのは、バッタをモデルにしたヒーロー「仮面ライダー」にあやかったという。「和歌山の魅力を伝える新しいヒーローに」という思いもあるそうだ。

 こはく色の液体は、本当にイナゴから作ったのか、と思わず疑ってしまうほどの美しさだ。

 完成後には、紀の川市の管理栄養士ら3人と試食会を開催。ソースは焼き魚やサラダなど約10品の料理の味付けなどに使った。魚は焼く前の下味に使うと、独特の臭みが消え、焼くと香ばしいにおいが。「発酵食品なので焼き物との相性がいいのかも」と田中さん。魚のほか、シイタケなどのキノコにかけて食べてもおいしいという。

このニュースの写真

  • ついに完成「昆虫ソース」 イナゴのほかトノサマバッタも使用 焼き魚やコロッケに合う不思議な味
  • ついに完成「昆虫ソース」 イナゴのほかトノサマバッタも使用 焼き魚やコロッケに合う不思議な味
  • ついに完成「昆虫ソース」 イナゴのほかトノサマバッタも使用 焼き魚やコロッケに合う不思議な味
  • ついに完成「昆虫ソース」 イナゴのほかトノサマバッタも使用 焼き魚やコロッケに合う不思議な味

「産経WEST」のランキング