産経WEST

国籍不明船相次ぐ漂着、10隻から計23人の遺体 日本海沿岸に北朝鮮漁船か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


国籍不明船相次ぐ漂着、10隻から計23人の遺体 日本海沿岸に北朝鮮漁船か

能登半島沖で発見された国籍不明の木造船=29日午後、石川県輪島市

 北海道から福井県にかけての日本海沿岸で10月以降、国籍不明の木造船の漂着が相次ぐ。海上保安庁によると、計10隻で23人の遺体が確認された。船体の特徴から北朝鮮の漁船とみられるが、ここまで集中するのは異例。北朝鮮周辺で海難事故が多発した可能性があり、専門家は、背景に金正恩第1書記の漁獲増の大号令があると指摘する。

6つの頭蓋骨、上半身欠けた2遺体

 木造船は10月27日に青森県の下北半島で見つかったのを皮切りに、北海道や秋田県、新潟県にも流れ着いた。11月20日には石川県の能登半島沖で3隻が見つかり、船内には溺死するなどして1カ月半~3カ月経過した10人の遺体があった。

 2日後には福井県沖100キロで転覆船を発見。船内からは体がほぼ完全な形で残った1人の遺体のほか、上半身が欠けた2人の遺体、頭蓋骨が6つ見つかった。少なくとも7人が乗っていたとみられる。敦賀海上保安部の担当者は「人為的損壊ではなく、水中で長時間かけてバラバラになったのだろう」と推察する。

朝鮮人民軍の表記

「産経WEST」のランキング