産経WEST

「文句の前に2億円出して」橋下大阪市長、光のイベントの費用を朝日新聞に“要求”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「文句の前に2億円出して」橋下大阪市長、光のイベントの費用を朝日新聞に“要求”

「御堂筋オータムパーティー2015」のオープニングセレモニーで主催者挨拶を行う橋下徹・大阪市長=29日午後、大阪・御堂筋(竹川禎一郎撮影)

 「朝日新聞、寄付してくれる?文句言う前にまず、出してくれないと。2億円くらい出してください」。大阪市の橋下徹市長(大阪維新の会代表)は、29日からスタートした市を南北に貫くメーンストリートの御堂筋などをライトアップする「大阪・光の響宴2015」の開宴式に出席した後に記者団の取材に応じ、基金不足が指摘されている同イベントを実施するための“費用負担”を朝日新聞に求めるジョークを飛ばした。

■松井知事に「“朝日新聞税”を作りましょう(笑)」

 光をモチーフとしたプログラムを府内各地で実施する同イベント。最も注目が集まるのが、ギネス世界記録にも登録された御堂筋の街路樹を発光ダイオード(LED)で彩る「御堂筋イルミネーション」だ。

 橋下氏が知事時代の平成20年に打ち出した肝いり行事で、今年はライトアップされる距離が北側に1キロ延び、繁華街のキタからミナミまでの4キロがつながった。橋下氏は開始当時を振り返り、「まさか梅田から難波までがイルミネーションでつながるイベントになるなんて当時は誰も想像していなかった。退任前に実現できて本当にうれしい」と話し、感慨にふけった。

このニュースの写真

  • 「文句の前に2億円出して」橋下大阪市長、光のイベントの費用を朝日新聞に“要求”
  • 「文句の前に2億円出して」橋下大阪市長、光のイベントの費用を朝日新聞に“要求”

「産経WEST」のランキング