産経WEST

【関西の議論】「肉体関係」有無がアウトとセーフを分けた? 「別れさせ屋」は公序良俗に反するか 司法が示した判断基準

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「肉体関係」有無がアウトとセーフを分けた? 「別れさせ屋」は公序良俗に反するか 司法が示した判断基準

多額の報酬を受け取って男女間の交際に割って入り、関係を終わらせる「別れさせ屋」。法的にアウトかセーフか…

 男女間の交際に割って入り、関係を終わらせることをなりわいとする者を「別れさせ屋」と呼ぶ。工作員が偶然を装って相手に近づき、口説き落として心変わりさせる-。そんな契約の違法性が争われた訴訟で、大阪地裁は11月9日、「公序良俗に反するとはいえない」として、適法と認める判断を示した。多額の報酬を受け取り、自由恋愛を意図的に破壊するような行いが、なぜ法的に〝セーフ〟とされたのか。地裁判決からその線引きを探った。

自宅と通勤ルート割り出し

 昨年9月中旬、女性が大阪市内の探偵業者に「工作」を依頼した。意中の男性と、女性Aさんとの交際をやめさせてほしい、という内容だった。

 期間は90日間。Aさんの連絡先を入手すれば、着手金として90万円。そこからAさんを心変わりさせ、破局に持ち込めば、成功報酬としてさらに45万円を支払うという契約だった。

 依頼人の女性はAさんの勤務先だけは知っていた。業者の調査員2人はさっそく、Aさんの職場周辺で張り込みを開始。自宅の割り出しにかかった。

 最初の5回は空振りに終わったが、6回目に退社するAさんを発見。そのまま尾行し、自宅マンションを突き止めた。

 自宅が分かれば、次は出勤ルートだ。調査員はマンションから出勤するAさんの後を追い、職場までの道のりを確認した。

 さらにAさんの行き帰りの行動をもう一度チェックし、出退勤ルートを最終確定。それが10月初旬のことだった。

イケメンとの〝サプライズ〟

 《およそ2、3週間で接触するとのことでしたが少し経過がゆっくりなのは、何か難しい状況なのでしょうか?》

「産経WEST」のランキング