産経WEST

17歳少年に懲役7~12年 京都、放火2人死亡事件

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


17歳少年に懲役7~12年 京都、放火2人死亡事件

 京都市伏見区で昨年8月、夫婦が死亡した連続放火事件で、現住建造物等放火や重過失致死などの罪に問われた無職少年(17)の裁判員裁判で、京都地裁(和田真裁判長)は25日、懲役7年以上12年以下(求刑懲役7年以上13年以下)の不定期刑を言い渡した。

 弁護側は、心神耗弱状態にあったと主張し、家庭裁判所への移送を求めていたが、認められなかった。

 判決によると、少年は鬱憤晴らしのために、昨年8月1日早朝、新聞紙などに火を付けて、住宅を全焼させ、住人の自営業、北村正則さん=当時(67)=と妻、富美子さん=同(65)=を焼死させるなどした。

「産経WEST」のランキング