産経WEST

事故急増で信号の「夜間点滅」やめます 大阪府内100カ所

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


事故急増で信号の「夜間点滅」やめます 大阪府内100カ所

 夜間点滅信号がある交差点で今年に入り死亡事故が急増し、大阪府警は、赤や黄の点滅でどう走行するかドライバーにあまり認知されていないのが原因として、夜間点滅信号約2500カ所のうち104カ所を、通常の信号に変えた。年末にかけ、少なくとも6カ所を同様に変更する。府警はさらに見直しを進め、交通ルールの徹底を呼びかける。

 9月15日深夜、門真市内の交差点で、トラックと出合い頭に衝突したオートバイの男性(56)が死亡した。現場は当時、深夜のため点滅信号だったが、府警は「通常の信号であれば事故を防げた可能性があった」とみる。こうした夜間点滅信号が原因とみられる死亡事故は、平成24~26年の過去3年間でわずか1件だったが、今年は1~10月で4件も起きた。

 府警によると、夜間点滅信号は主に郊外に設置され、おおむね午後11時~午前5時に赤か黄の点滅に切り替わる。黄の点滅は「注意して進め」、赤の点滅は「一時停止して進め」という意味だが、一般のドライバーに浸透しきれておらず、特に赤は「徐行して進めだと思っていた」と誤解するケースも多いという。

「産経WEST」のランキング