産経WEST

「落語はプロ、お坊さんは尼(アマ)」… 二足のわらじを履く露の団姫さん(29) 笑いと説法で自殺者なくしたい

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「落語はプロ、お坊さんは尼(アマ)」… 二足のわらじを履く露の団姫さん(29) 笑いと説法で自殺者なくしたい

「今ある命を一つでも多く救いたい」と話す落語家と尼僧の二足のわらじで活躍する露の団姫さん=兵庫県尼崎市潮江

 「落語家としてはプロ、お坊さんとしては尼(アマ)なんです」。東京の寺院で開かれた講演会。明るく歯切れのいい話に、会場は笑いに包まれた。

 落語家と尼僧、二足のわらじで活躍する露(つゆ)の団姫(まるこ)さん(29)=兵庫県尼崎市。全国で年間約250席以上の寄席をこなしながら、テレビやラジオに出演。メールや手紙で悩み相談にも応じる。「自殺をする人をなくしたい」。そんな思いを持って落語家と尼僧を掛け持ちする団姫さん。笑いと説法で自殺者をなくすことを目指し、日々奔走している。

「落語家になって、仏の教えを広めよう」

 幼い頃から「死」に対し、漠然とした不安を持っていた。高校1年の時、アルバイトでためたお金で仏教の入門書を購入。読むと、「自分が死んだらお釈迦様が悲しんでくれる」と感じ、気持ちが救われた。以来、自宅にあった法華経の経典などを読んだ。

このニュースの写真

  • 「落語はプロ、お坊さんは尼(アマ)」… 二足のわらじを履く露の団姫さん(29) 笑いと説法で自殺者なくしたい

「産経WEST」のランキング