産経WEST

【京都ごみ屋敷】【動画】ごみ7.5立方メートル、300袋以上撤去…「近くの家にもゴキブリ」と住民困り顔 行政代執行終了

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【京都ごみ屋敷】
【動画】ごみ7.5立方メートル、300袋以上撤去…「近くの家にもゴキブリ」と住民困り顔 行政代執行終了

ごみ屋敷条例で全国初の行政代執行が行われた後、片付いた自宅前に座る住民=13日午前11時55分、京都市右京区(頼光和弘撮影)

 ごみ屋敷条例に基づいて行われた京都市の行政代執行は、13日正午ごろ終了。市によると、撤去されたごみは約7.5立方メートル分で、ごみ袋の数でみると、概算で300袋以上になった。

 近所の女性は「ごみのにおいがひどくて、その影響か、近くの家にもゴキブリがわいていたというほど、困っていた」と話し、ごみの撤去にほっとした様子だった。

 近所に住む40代の男性は「奥に住んでいるおばあちゃんのことを考えると仕方ない。誰もやらんのやったら、行政がやるしかない」と指摘。ただ、ごみを積み上げた男性については、「いろんな思いはあるだろう」と話した。

 また、近隣の女性は「何度か、片づけるように言ったけど『また今度やる』というだけで何もしなかった」と振り返り、「ごみは臭いし、いつ崩れるか分からないし、怖かった。やっと、片づけてくれるのか、という気持ち」とほっとした様子で話していた。

 ごみを積み上げた男性に、片づけを求めたところ、わめくように大声をあげられたという人も。この住民は「迷惑だった。とにかく迷惑だった」と繰り返した。

このニュースの写真

  • 【動画】ごみ7.5立方メートル、300袋以上撤去…「近くの家にもゴキブリ」と住民困り顔 行政代執行終了

「産経WEST」のランキング