産経WEST

【鉄道ファン必見】「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮

昭和4年に製造され、約80年間走り続けたデハニ50形。「RAILWAYS」に“出演”。現在は100メートルほどの体験運転線が与えられている

 映画「RAILWAYS-49歳で電車の運転士になった男の物語」(平成22年)の舞台となったことで一躍注目を集めた島根県のローカル私鉄「一畑(いちばた)電車」で10月、年に1度の恒例行事「駅サイトまつり」が開かれた。中でも鉄道ファンらを喜ばせたのは、オープニングの「車両紹介」。現存する国内最古級の電車や、全国各地で活躍した後にこの地を走るようになった電車などが勢ぞろい。さながら“動く鉄道図鑑”の光景に、入場者たちは熱い視線を送った。

鉄道の日にちなんだ恒例行事

 島根県の松江市~出雲市間を、主に宍道湖の北側を通って結ぶ一畑電車。「鉄道の日」(10月14日)にちなむ同社の恒例行事「駅サイトまつり」は10月18日、雲州平田駅(同県出雲市平田町)で開かれた。

 雲州平田駅は同社の本社機能があり、車庫や運転指令所も併設する中枢駅で、RAILWAYSでもさまざまな場面で登場した。

 オープニングの車両紹介は、同社が保有するさまざまな車両を、実際に駅構内の線路に走らせてファンに見せる企画だ。

東京の私鉄で活躍した車両が

 「間もなく2番ホームに電車が入ってきます」-。アナウンスに合わせて入線してきたのは、オレンジ色の車体に白い帯をまとった1000系車両。

このニュースの写真

  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮
  • 「RAILWAYS」で脚光の「一畑電車」 “動く鉄道図鑑”となった車両公開にファン興奮

「産経WEST」のランキング