産経WEST

【関西の議論】“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず…

食べると長生きすると言われるムベの実

ゼリー状の食感で甘み

 ムベを栽培している同町の前出さんの農園「前出のむべ園」では、約2千平方メートルの畑にムベの木約100本が植わり、旬の時期の10月下旬~11月下旬には、赤紫色に熟した約5千個の実が棚から垂れ下がる。

 農園では収穫したムベの郵送販売のほか、入園料1000円でムベ狩りも行っている。献上が復活したことで最近はメディアでもムベが取り上げられる機会が多くなり、“無病長寿の果物”を求めて農園にやってくる人も増加。「食べてみたいので購入したい」「実際に取りに行きたい」といった問い合わせも増えているという。

 前出さんの農園を訪れ、そのムベを食べてみた。リンゴのような実にそのままかぶりつこうとすると、前出さんから「食べるのは中の実だけ。周りはおいしくないですよ」と忠告された。そこで実を2つに割り、緑色の果肉を口に含み、種を口の中でより分けながら食べた。

 ゼリー状の食感で甘みがあるが、種をより分ける苦労の割に果肉の量が少なく、少し物足りない感じも。それでも、新聞記者は残業が多くストレスがたまり、健康を損ねる人も多いといわれるが、ムベを食べたことで少しは長生きできる気がしてきた…。

 「前出のむべ園」の問い合わせは、(電)0748・32・3663。

このニュースの写真

  • “不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず…
  • “不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず…

「産経WEST」のランキング