産経WEST

【衝撃事件の核心】「反戦」京大中核派のバリケード封鎖 新左翼運動に垣間見える〝保守化〟 機動隊介入前に撤去したのは一般学生だった

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「反戦」京大中核派のバリケード封鎖 新左翼運動に垣間見える〝保守化〟 機動隊介入前に撤去したのは一般学生だった

バリケード封鎖をした校舎の前でマイクを握り、反戦や大学への不満を訴える参加者。一般学生の反応は「封鎖は迷惑」と冷ややかだった=10月27日、京都市左京区の京都大吉田南キャンパス バリケード封鎖をした校舎の前でマイクを握り、反戦や大学への不満を訴える参加者。一般学生の反応は「封鎖は迷惑」と冷ややかだった=10月27日、京都市左京区の京都大吉田南キャンパス

 バリケードをつくったメンバーは、一般学生に撤去されたことについてどう感じたのか。

 中核派全学連のメンバーの1人は、バリケード封鎖が解除された後、マイクを持ってこう訴えていた。

 「どういう思いでバリケードを破壊したのか分からない。破壊した学生たちには、今まさに始まろうとしている戦争に対してどう考えているのか問いたい」

 実は今回、バリケード封鎖をした学生たちのほとんどは、校舎を封鎖するのは初めてだったという。

 「批判は議論のきっかけになる」と説いた先述の男性は「学生は卒業などでどんどん入れ替わってしまうので、学生団体側も何年かに1度、バリケード封鎖をしないと、そういう手法が引き継がれない。今回のバリケード封鎖も伝統継承の儀式のようなものだったのかもしれない」と話していた。

このニュースの写真

  • 「反戦」京大中核派のバリケード封鎖 新左翼運動に垣間見える〝保守化〟 機動隊介入前に撤去したのは一般学生だった
  • 「反戦」京大中核派のバリケード封鎖 新左翼運動に垣間見える〝保守化〟 機動隊介入前に撤去したのは一般学生だった
  • 「反戦」京大中核派のバリケード封鎖 新左翼運動に垣間見える〝保守化〟 機動隊介入前に撤去したのは一般学生だった

「産経WEST」のランキング