産経WEST

【世界を読む】「最も貧しい大統領」の温情がアダ…南米小国が助けたシリア難民「出国させろ」の皮肉

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
「最も貧しい大統領」の温情がアダ…南米小国が助けたシリア難民「出国させろ」の皮肉

南米のウルグアイに受け入れられた中東のシリア難民。生活への不満を募らせ地元との軋轢が生まれている=9月、モンテビデオ(ロイター) 南米のウルグアイに受け入れられた中東のシリア難民。生活への不満を募らせ地元との軋轢が生まれている=9月、モンテビデオ(ロイター)

 シリアなどから記録的な難民・移民の流出が続く。そんななか南米の小国ウルグアイに受け入れられたシリア難民が、出国を求めて抗議行動に出る騒ぎになっている。食べていける仕事がないと将来を悲観したためだが、地元民からは「もうたくさんだ」といった声も。清貧な人柄で知られた前大統領が受け入れを決めたが、温情が徒(あだ)となった小国に困惑が広がっている。 (坂本英彰)

「1500ドルは稼げると…」

 「レバノンに戻ったっていいんだ」

 ウルグアイの首都モンテビデオの大統領府近くで9月はじめ、シリア難民の男性、アンドリース・マヘルさん(36)は報道陣に、憤懣(ふんまん)やるかたないという調子でまくしたてた。ロイター通信などによると、マヘルさんはレバノンの難民キャンプに避難していたところ、昨年10月、ウルグアイに家族とともに難民として受け入れられた。

 ところが来てみて、描いていた夢はすっかり打ち砕かれたという。

 「安心して暮らせる場所が必要なんだ。来る前に大使館は月に1500ドルは稼げると話していたのに、家族を養えるような仕事は全く見つからない」

 マヘルさんは8月、「国外脱出」も試みた。欧州に向かうためにトルコのイスタンブールに飛んだが、空港で足止めをくらった。パスポートやビザなど入国に有効な書類がなかったからだ。約20日間にわたり空港で居座り続けたが結局、あきらめてウルグアイに戻ってきたという。

突然、ガソリン浴び…

「産経WEST」のランキング