産経WEST

来週にも初の200万人突破へ 平成27年度の姫路城入場者数が戦後最多を更新

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


来週にも初の200万人突破へ 平成27年度の姫路城入場者数が戦後最多を更新

シルバーウイーク期間中も多くの観光客でにぎわった姫路城=兵庫県姫路市

 世界文化遺産・姫路城(兵庫県姫路市)の今年度の入場者総数が、来週にも200万人を突破することが確実となった。石見利勝市長が6日、定例記者会見で明らかにした。「平成の大修理」を終えた今年3月のグランドオープン以来、客足が順調に伸び、記録が残る昭和20年度以降、初めての大台突破となった。

 姫路城の過去の最多入場者数は、「昭和の大修理」の後に天守閣がお目見えした39年度の173万8477人だった。また、「平成の大修理」に入る直前の平成21年度にも、それに匹敵する156万1602人を数えていた。

 だが、今年はそれらを上回るペースで入場者数が増加。7月14日には平成になって以降最速で入場者数100万人を突破していた。背景には、外国人観光客の人気を集めたことや、平成の大修理で真っ白に生まれ変わったことが話題になったことなどがあるとされている。

 石見市長は定例会見で、「今年はグランドオープンや多くのイベントが重なったこともあり、たくさんの方々に来ていただいた」とした上で、「思い出に残るお土産や滞在を楽しむ食事、宿泊施設の充実に関し、民間にも期待したいし、その条件や環境作りを市も可能な限り続けていきたい」と述べた。

 姫路城近くの大手前公園では今月28、29日、今年グランドオープンしたことを記念したイベントを開催。姫路生まれの戦国時代の名将・黒田官兵衛の誕生日(29日)にちなみ、プロ棋士の“指揮下”で甲冑姿の中学生が駒役を務める「人間将棋」などが催される。

このニュースの写真

  • 来週にも初の200万人突破へ 平成27年度の姫路城入場者数が戦後最多を更新

「産経WEST」のランキング