産経WEST

【衝撃事件の核心】尼崎事件「戦慄の暴力装置」李被告 丸太緊縛、頭踏みつけ、虐待発案…「反省と謝罪と供養」法廷でみせた涙は真実か 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
尼崎事件「戦慄の暴力装置」李被告 丸太緊縛、頭踏みつけ、虐待発案…「反省と謝罪と供養」法廷でみせた涙は真実か 

連続変死・行方不明事件の首謀者とされる角田美代子元被告から「マサ」と呼ばれ、かわいがられた李正則被告をめぐる人物相関図

 「幸せだった家族は、人間としての誇りが砕けるまで踏みにじられた」。法廷に遺族の叫びが響いた。角田(すみだ)美代子元被告=平成24年12月に自殺、当時(64)=を中心とする兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件。8月から神戸地裁で行われている裁判員裁判の公判で遺族が怒りをむき出しにした相手は、元被告の義理のいとこで、殺人や傷害致死など計10の罪に問われた李正則被告(41)。元被告と知り合ったことで、元被告を頂点とする「角田家」に組み込まれたとされ、公判で弁護側は「元被告に従わないと自分が標的にされる恐れがあった」と釈明した。だが、捜査や公判で明らかにされたのは戦慄(せんりつ)するほどの暴行の数々。容赦なく暴力を振るったかと思えば、自ら虐待方法を発案。断崖(だんがい)絶壁で自殺を迫るなどもしており、遺族らは李被告を「暴力装置」と呼んだ。

監視モニター設置も提案

 「まだ動いとんのかぼけ。動くなよ」

 23年7月、物置に監禁され、縛られたひもが緩み始めていた橋本次郎さん=当時(53)=に、李被告がこう告げた。そして、他の角田家の親族とともに、腕を横に広げさせると資材置き場から取ってきた丸太を添え、ひもでくくりつけた。正座させているひざや足首もひもで縛り、その先には重し代わりの漬物石を結んだ。その姿はまるで、磔(はりつけ)にされたようだった。

 橋本さんは数日後、物置内で衰弱死した。この緊縛方法は、李被告が考え出したものだった。

 検察側によると、こうした殺害はほんの一例でしかない。

このニュースの写真

  • 尼崎事件「戦慄の暴力装置」李被告 丸太緊縛、頭踏みつけ、虐待発案…「反省と謝罪と供養」法廷でみせた涙は真実か 
  • 尼崎事件「戦慄の暴力装置」李被告 丸太緊縛、頭踏みつけ、虐待発案…「反省と謝罪と供養」法廷でみせた涙は真実か 

関連トピックス

「産経WEST」のランキング