PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】「もはやあいりんは乗っ取られた」侵食する〝中国人ガールズバー〟 地元で飛び交った「性的サービス」噂の真偽

中国人女性が接客する「カラオケ居酒屋」が急増しているあいりん地区の商店街。安価な値段で楽しめる〝ガールズバー〟として定着している=大阪市西成区(村本聡撮影) 
中国人女性が接客する「カラオケ居酒屋」が急増しているあいりん地区の商店街。安価な値段で楽しめる〝ガールズバー〟として定着している=大阪市西成区(村本聡撮影) 
その他の写真を見る(1/6枚)

 全国有数の日雇い労働者の町・大阪市西成区の「あいりん地区」で、若い中国人女性が接客する「カラオケ居酒屋」が増えている。3年ほど前から出店攻勢が続き、今や100軒近く。中国人女性の人懐こさや比較的安価で楽しめる手軽さが人気を呼び、〝あいりんのガールズバー〟として定着した。あまりに急激に増えただけに地元で不安が高まったのか、金遣いのいい太っ腹な客に対しては個室で「スペシャルサービス」が行われている-という真偽不明の噂も流れた。一方、生活習慣の違いなどから地元住民とのトラブルも目立ち、必ずしも歓迎されているとは言いがたく、関係者は街の行く末を懸念する。「日本一のスラム街」とまで揶揄(やゆ)される町に、中国人が進出する意図は何なのか。(矢田幸己)

流暢な日本語で接客

 「いらっしゃいませ、どうぞー」

 9月下旬の週末夜。大阪市西成区の萩之茶屋本通商店街の一角に並ぶ居酒屋ののれんをくぐると、4人の中国人女性が流暢(りゅうちょう)な日本語で迎えてくれた。奥行きがある店内はカウンター約10席に、4人掛けのテーブル席が一つ。なじみの客らしき男性たちがジョッキを傾けていた。

 Yシャツにスラックス姿の記者を一瞥(いちべつ)した店のママという女性(26)から矢継ぎ早に質問が飛ぶ。

 「初めてですか」「どこから来たんですか」「仕事は何ですか」

 普段、見慣れない客が来れば、警察当局や行政機関の出入りかと勘ぐってしまうらしい。やましいことがなかったとしても、だ。そう明かしてくれた。

 一つ席を空けた左隣で、キャップ帽をかぶった小柄な男性(53)がカウンター越しに、アルバイトの中国人女性(23)の手をくすぐった。

 「ダメ、ダ~メだってば」

 自分のお気に入りという女性に注意されても、ほろ酔いの男性は何度か繰り返し、2人のやり取りを楽しんだ。

通い詰め1年半「女の子“ラベル”高い(笑)」…中国女性、実は「阪大の留学生」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ