産経WEST

【北朝鮮マツタケ不正輸入】朝鮮総連議長次男らに懲役2年求刑 京都

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【北朝鮮マツタケ不正輸入】
朝鮮総連議長次男らに懲役2年求刑 京都

 中国産と偽ったマツタケを北朝鮮から不正輸入したとして、外為法違反(無承認輸入)と関税法違反(虚偽申告)の罪に問われた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長の次男、許政道(ジョンド)被告(50)と、総連傘下企業「朝鮮特産物販売」社長、金勇作(キム・ヨンジョ)被告(70)の論告求刑公判が27日、京都地裁(和田真裁判長)で開かれた。検察側は両被告にいずれも懲役2年、法人としての同社に罰金200万円を求刑し、結審した。判決は12月10日に言い渡される。

 検察側は論告で、押収した文書やデータなどから両被告が共謀したことは明白とした上で、「北朝鮮への制裁という政治判断に基づく国策をないがしろにし、反社会性が極めて高い」と指摘した。

 これに対し、政道被告は「不正輸入は事後に知った」と無罪を主張。金被告は「迷惑をかけ反省している」と謝罪し、情状酌量を求めた。

「産経WEST」のランキング