産経WEST

ダルビッシュ弟は「野球賭博胴元の1人」 プロ野球、米大リーグ対象に1口1万円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ダルビッシュ弟は「野球賭博胴元の1人」 プロ野球、米大リーグ対象に1口1万円

ダルビッシュ翔(平成21年6月26日撮影) 

 プロ野球や米大リーグの公式戦を対象に野球賭博をしたとして、大阪府警捜査4課は27日、賭博開帳図利などの疑いで、人材派遣業、ダルビッシュ翔容疑者(26)=大阪府藤井寺市沢田=や無職の韓国籍、宋尚哉容疑者(29)=大阪市生野区巽中=ら胴元の男3人を逮捕したと発表した。翔容疑者は米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手の弟。

 翔容疑者の逮捕容疑は、共謀して5月12~18日、プロ野球28試合と米大リーグ16試合の勝敗について1口1万円で賭ける賭博場を開き、客16人から計約1850口を集めたほか、宋容疑者が開いていた野球賭博に客として計約1900口を賭けたとしている。

 ほかにも常習賭博などの疑いで客の20~30代の男女5人が逮捕された。

 捜査4課によると、昨年9月ごろに翔容疑者らが野球賭博を行っているとの情報が入り、捜査していた。翔容疑者らは知人を中心に客を募り、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で賭けのハンデを伝えたり、申し込みを受け付けたりしていたという。少なくとも賭け金の1割が胴元の収入になっていたとみられ、府警が詳しい金の流れや実態を調べている。

 

「産経WEST」のランキング