産経WEST

【安本寿久の先人めぐり】天照大御神(10)愛妻は鶴ならぬ「鮫(ワニ)」 見るなのタブー…初代天皇の誕生の背景

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【安本寿久の先人めぐり】
天照大御神(10)愛妻は鶴ならぬ「鮫(ワニ)」 見るなのタブー…初代天皇の誕生の背景

ウガヤフキアエズを祭る鵜戸神宮。洞窟の中に本殿が鎮座している=宮崎県日南市

 兄、ウミサチビコとの争いに勝って天照大御神の嫡流を継ぐ地位を確立したヤマサチビコ。その元にワタツミノカミの宮からトヨタマビメがやって来て、古事記の物語はさらに神話めいてゆく。

 「妾(やつこ)すでに妊身(はら)めり。天つ神の御子は、海原に生みまつるべくあらず」

 あなたの子を身ごもっていることがわかったが、天照大御神の御子孫は海で生まれてはならないので、ここにやって来た、と言うのである。そこで、海辺に鵜の羽で屋根などを葺(ふ)いた産屋をつくったところ、完成するまでにトヨタマビメが産気づいた。まさに出産という時にトヨタマビメはヤマサチビコに言った。

 「今本(もと)の身を以ち産まむとす。願わくば妾をな見たまひそ」

 海の神の娘の姿で出産するから、その姿を決して見ないでくれと頼んだのである。こう言われれば、好奇心に負けるのが物語の常である。ましてやヤマサチビコは、黄泉(よみ)の国でイザナミノミコトの願いに反してその姿を見て、この世に逃げ帰ったイザナキノミコトの子孫だ。トヨタマビメの言葉を不思議に思い、ひそかにのぞき見した。果たしてトヨタマビメは大きなわに(鮫)となってくねくねと這(は)っていた。

 〈見驚き畏みて、遁(に)げ退(そ)きましき〉

 驚いて逃げ出したところは全くイザナキと同じである。違ったのはトヨタマビメがイザナミのように怒り狂わず、恥じて悲しみに沈んだことである。

 「妾、恒(つね)に海つ道を通り、往来(かよ)はむと欲(おも)ひき。然(しか)あれども吾が形を伺ひ見たまひしこと、是れいたく作(はづか)し」

 そう言うと、生まれた子を置いて海の世界と陸の世界の境を閉ざし、ワタツミノカミの宮に帰っていった。

 生まれた子はウガヤフキアエズノミコトと名づけられた。産屋に鵜の羽を葺くことが間に合わない出産だったからである。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング