産経WEST

池乃めだか、舞台ですっぽんぽんなっちゃった~!盟友・間寛平が大暴走

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


池乃めだか、舞台ですっぽんぽんなっちゃった~!盟友・間寛平が大暴走

芸能生活50年の記念公演を開始した池乃めだか(右)はゲスト出演した間寛平にパンツまではぎとられスッポンポンに(大阪市中央区) 芸能生活50年の記念公演を開始した池乃めだか(右)はゲスト出演した間寛平にパンツまではぎとられスッポンポンに(大阪市中央区)

 あわれ、記念公演の主役は舞台ですっぽんぽんに…。めだかは局部を手で押さえながら「手も足も出やへんがな」。立ち上がって舞台から去るわけにもいかず、「電気消して」とスタッフに懇願するのが精いっぱいだ。

 思わぬ展開に最初驚いた観客も、いつしか大爆笑。2人が演じた円熟の芸に大満足だ。

 1966年10月に芸能界へ飛び込んだめだかは、音楽ユニット「ピスボーイ」として23歳で初舞台を踏み、漫才コンビ「海原かける・めぐる」などの活動を経て、76年に新喜劇入り。149センチの身長をネタにしたギャグなどで舞台を盛り上げてきた。

 今月で芸能生活50年目に入り、11月20日には記念公演「池乃めだか芸能生活50年記念 ちっさいおっさん大祭り」(NGK)も開催する。この日は舞台上で、「50年間、つらいことも、辞めようと思ったこともあったけど、われながら、よう頑張ってこれた。それもお客さんのおかげ。ありがとうございます」と観客に感謝していた。(サンケイスポーツ)

「産経WEST」のランキング