産経WEST

【衝撃事件の核心】「死にたい」は真っ赤なウソ あべのハルカス飛び降り騒動 自殺〝偽装〟男「迷惑度は300メートルより高い」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「死にたい」は真っ赤なウソ あべのハルカス飛び降り騒動 自殺〝偽装〟男「迷惑度は300メートルより高い」

「あべのハルカス」屋上で「死にたい」などと語る男とみられる人影(左)と説得にあたる関係者ら(右)=9月20日午後3時30分、大阪市阿倍野区 「あべのハルカス」屋上で「死にたい」などと語る男とみられる人影(左)と説得にあたる関係者ら(右)=9月20日午後3時30分、大阪市阿倍野区

 高さ300メートルと日本一高い商業ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の屋上で9月、飛び降り自殺騒ぎを起こした男が大阪府警に逮捕された。「開業以来初めて」(ビル関係者)という騒動を起こした動機を「仕事上のトラブルがあり、関心を集めようと思った」と語った男。自殺志願も虚偽だったようで、大阪府警の幹部は「男の迷惑度は、ハルカスの高さよりもはるかに高い」とあきれるしかなかった。舞台となったのは、屋上のヘリポートを見学する人気ツアー。騒動を受けてツアーは中止され、再開のめども立っていない。ハルカス近くにある大阪のシンボル「通天閣」も今冬、同様のイベントを計画しているが、関係者からはトラブルの〝再発〟を懸念する声も聞こえる。

一方的に「死にたい」

 「今、ハルカスのヘリポートにいる。ここから飛び降りて死んでやる」

 秋の大型連休中の9月20日午後1時ごろ、一本の110番が大阪府警本部に寄せられた。

 電話の主は、奈良県桜井市の男(53)。耳を疑いそうな通報内容だが、声色から受けた印象では落ち着いた様子だった。捜査関係者は「状況との乖離(かいり)が大きく、違和感があった」と振り返る。

 間もなく阿倍野署員が60階の屋上ヘリポートに到着したが、男の姿はすでにヘリポートになかった。高さ約1メートルの柵を乗り越えて建物の端に移動し、外壁にしがみついていたという。

 「落ち着いてください」

 署員が必死に説得するが、男が聞く耳を持つ様子はない。「死にたい」などと一方的に話していたという。

このニュースの写真

  • 「死にたい」は真っ赤なウソ あべのハルカス飛び降り騒動 自殺〝偽装〟男「迷惑度は300メートルより高い」
  • 「死にたい」は真っ赤なウソ あべのハルカス飛び降り騒動 自殺〝偽装〟男「迷惑度は300メートルより高い」
  • 「死にたい」は真っ赤なウソ あべのハルカス飛び降り騒動 自殺〝偽装〟男「迷惑度は300メートルより高い」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング