産経WEST

「世界有数の観光圏になりうる」溝畑宏・大阪観光局長が関西プレスクラブで講演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「世界有数の観光圏になりうる」溝畑宏・大阪観光局長が関西プレスクラブで講演

講演する大阪観光局長の溝畑宏氏=19日午後、大阪市北区 (安元雄太撮影)

 大阪観光局長の溝畑宏氏(55)が19日、大阪市内で開かれた関西プレスクラブの会合で「関西・大阪を元気に!」と題して講演し、「世界遺産や国宝などが多数ある関西は、広域観光をきっちりやれば世界でも有数の観光圏をつくることできる」と語った。

 溝畑氏は、来阪外国人旅行者が今年上半期だけで320万人に達し、平成32年は目標とする650万人の達成が確実だと説明。滞在日数や消費額を増やすために、「(関西は)ナイトエンターテイメントが欠けており、夜9時以降の消費額ががくっと落ちる。グルメ、買い物の幅を広げる必要がある」と述べた。

 不足する宿泊施設対策としては、ホテル誘致に加え、大阪府議会で議論中の民泊条例成立の必要性を強調。「不法状態を放置すれば大阪観光のイメージダウンになる。条例整備により、良質な客室を確保する必要がある」と指摘した。

「産経WEST」のランキング