産経WEST

LINE、海外スマホも捜査可…解析機を全警察署に配備、スマホ普及“日本一”の滋賀県

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


LINE、海外スマホも捜査可…解析機を全警察署に配備、スマホ普及“日本一”の滋賀県

滋賀県警が解析した携帯電話・スマートフォンの台数

 近年の犯罪捜査で欠かせなくなってきた、スマートフォン(スマホ)など携帯電話の通信履歴の解析。滋賀県警は年内にも、スマホの専用解析機器を県内全12署に導入することを決めた。これまでは汎用ソフトを使い、捜査員が手作業で履歴の抽出などを行っていたが、解析件数が急増していることから、最新鋭の機器を配備し効率化を図る。事件の解決へ強力な武器となりそうだ。

 県警生活環境課によると、昨年1年間に捜査で解析した携帯電話は283台。そのうちスマホは211台で、前年比約2・5倍に急増した。今年上半期でも、解析した144台の携帯電話のうち、スマホはすでに111台に達しており、前年同期と比べ22台多いペースで推移している。

 これまでは、同課サイバー犯罪対策室の捜査員5人が、主にスマホの解析を担当。解析には無料の専用ソフトをダウンロードして活用しているが、通信履歴など必要なデータ抽出は手作業で行う必要があるなど作業が繁雑だった。

 また、高度な専門知識を要することが多く、県内の犯罪捜査での解析作業は、同課が一括して行っていた。

 解析件数の増加を受け、業務の効率化を図ろうと、全署への配備を目指し、県議会9月定例会議に専用の解析機器の導入費を盛り込んだ約590万円の補正予算案を提出。可決されたことを受け、年内の導入を目指している。

「産経WEST」のランキング