産経WEST

【衝撃事件の核心】「娘をおもちゃにした」法廷に響いた父の慟哭 性欲のまま生きた「殺人警官」 イケメンマッチョ〝二股三股〟の不倫恋愛

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「娘をおもちゃにした」法廷に響いた父の慟哭 性欲のまま生きた「殺人警官」 イケメンマッチョ〝二股三股〟の不倫恋愛

妻の存在を隠して交際していた白田光さんを殺害したとする殺人罪で懲役18年を言い渡された元大阪府警巡査長、水内貴士被告。イケメンマッチョの風貌を生かし、妻と白田さん以外に不適切な関係があった女性が6人いた派手な女性交遊ライフは、事件で終焉を迎えた 妻の存在を隠して交際していた白田光さんを殺害したとする殺人罪で懲役18年を言い渡された元大阪府警巡査長、水内貴士被告。イケメンマッチョの風貌を生かし、妻と白田さん以外に不適切な関係があった女性が6人いた派手な女性交遊ライフは、事件で終焉を迎えた

 ところが水内被告には「俺のこと好きやろ。別れられないやろ」と言われたという。白田さんは涙があふれ、別れることを諦めた。この証言については、水内被告は「覚えがない」と事実関係を否定している。

 大阪で行きつけの居酒屋に白田さんを連れて行ったこともある。そこで後輩の警察官Aと引き合わせ、3人で食事をした。

 Aは水内被告が既婚者であることを知っていた。水内被告の意図は分からないが、白田さんはAを紹介されたことがうれしかったようだ。「彼女」として承認されたように感じたのかもしれない。

 とはいえ、クリスマスにも会ってくれない水内被告との交際に、白田さんは疲れきっていた。

 そして今年1月12日、Aの知人のフェイスブックに投稿された1枚の写真を見てすべてを察知した。水内被告と妻の、結婚式の場面だった。

発覚しても緊張感のないLINE

 結婚式の2次会のとき、水内被告は写真をフェイスブックに投稿しないよう、幹事を務めたAにお願いしていた。理由を尋ねると「まだ切れていない女の子がいる」と話した。

 だが周到な根回しはなされず、事情を知らない出席者の1人がフェイスブックに載せた。それを白田さんが見たのだ。

 白田さんは1月13日、自身のフェイスブックに《都合の悪いことは気づかないふりをしてきた》と結婚に気づいたことを示唆する書き込みをした。

 Aはその記載を見つけ、水内被告に伝えた。だが水内被告とAとのラインのやりとりは、全く緊張感のないものだった。

 A《そろそろ止めないと火噴くで(笑)》

 水内被告《大噴火やな》

 水内被告は問題をそのまま放置したうえ、懲りずにまた新しい女性との交際を始めていたという。

 それでも、1月21日夜に白田さんが《社会的制裁を受けてもらう》と書き込むに及び、ようやく対処に動き出す。白田さんにラインでメッセージを送ったが、返信は来なかった。Aにラインで相談した。

このニュースの写真

  • 「娘をおもちゃにした」法廷に響いた父の慟哭 性欲のまま生きた「殺人警官」 イケメンマッチョ〝二股三股〟の不倫恋愛
  • 「娘をおもちゃにした」法廷に響いた父の慟哭 性欲のまま生きた「殺人警官」 イケメンマッチョ〝二股三股〟の不倫恋愛
  • 「娘をおもちゃにした」法廷に響いた父の慟哭 性欲のまま生きた「殺人警官」 イケメンマッチョ〝二股三股〟の不倫恋愛
  • 「娘をおもちゃにした」法廷に響いた父の慟哭 性欲のまま生きた「殺人警官」 イケメンマッチョ〝二股三股〟の不倫恋愛

「産経WEST」のランキング