産経WEST

【遅咲きクイーン 夢舞台へ(5)】1年かけて弱い部分を修正したい リオ五輪女子マラソン代表 伊藤舞さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【遅咲きクイーン 夢舞台へ(5)】
1年かけて弱い部分を修正したい リオ五輪女子マラソン代表 伊藤舞さん

リオ五輪での活躍に期待がかかる伊藤舞さん。「行くのが楽しみ」と話す=徳島県鳴門市(寺口純平撮影) リオ五輪での活躍に期待がかかる伊藤舞さん。「行くのが楽しみ」と話す=徳島県鳴門市(寺口純平撮影)

 --日本陸連のナショナルチームの合宿には野口みずき選手(シスメックス)もいました。五輪の経験談を聞く機会はありましたか

 伊藤 五輪の話というより、マラソン前に月間どれぐらい走っているのかとか、ウエートトレーニングはどれぐらい負荷をかけているのかとか聞けたのが、いい経験になりました。

 --かつての野口選手は月間1350キロ走っていたといわれていますけど、伊藤選手はどれぐらいですか

 伊藤 今回の世界選手権の前で1050キロだったんで、あと300キロプラスするには一日に10キロ増やさないといけないんで、すごい量だなと思いました。だけど、自分に合う方法って、人それぞれなのかなというのも最近は感じています。

 --ウエートトレーニングの負荷の話はどうでしたか

 伊藤 噂では野口選手はスクワットを100キロの負荷でやっていると聞いてたんですけど、「私、70キロぐらいだよ」と言われたんで、自分と一緒ぐらいだなと思ったというか、人からの情報はうのみにしちゃダメだなと思いました(笑)。

 --来年はリオデジャネイロ五輪。これまでブラジルに行った経験はあるんですか

 伊藤 私はまだないんです。

 --どんなイメージですか

 伊藤 会社の人が「すごく海がきれいで、楽しい街ですよ」とメールで教えてくれたので、行くのが楽しみです。

 --これまで海外レースの経験は

 伊藤 ロンドンとウィーンと、あとハーフマラソンで英国とブルガリアに行きました。南半球はまだないですね。

 --気候のイメージや対策は

 伊藤 向こうの冬だからといっても、日本の冬とは全然違うと思うんで…。

 --気温は20度ぐらいはあるみたいですね

 伊藤 そういう話は聞いたので、特に暑さ対策や体調管理は監督やコーチと相談しながら準備していきたいです。

続きを読む

「産経WEST」のランキング