産経WEST

【衝撃事件の核心】山口組分裂でくすぶる仁義なき〝極道再編〟 「関東二強暴力団」住吉会、稲川会にも余波、一枚岩でないウラ事情

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
山口組分裂でくすぶる仁義なき〝極道再編〟 「関東二強暴力団」住吉会、稲川会にも余波、一枚岩でないウラ事情

 「仁義なき戦い」の火ぶたは切られるのか-。日本最大の指定暴力団山口組の分裂から1カ月余り。友好関係にある稲川会に加え、過去の経緯から一定の距離感を保ってきた住吉会という関東拠点の2大広域暴力団のトップらが相次いで山口組総本部(神戸市灘区)を訪問した。これに対し、離脱した直系組長らが結成した新組織・神戸山口組には、住吉会の最高幹部の一人が挨拶に訪れ、稲川会から分離したグループや九州の有力団体の将来的な合流といった噂も絶えない。当初危惧された抗争の動きはまだ表面化していないが、引退した大物幹部の復帰が双方に噂されるなど火種はくすぶり続けており、分裂の余波による〝業界再編〟の可能性は静かに高まりつつある。

幹部の相次ぐ神戸訪問

 行楽日和の青空が広がった9月26日朝。乗降客で混み合う新神戸駅のホームに、黒いスーツに身を包んだこわもての集団が現れた。

 東京発の新幹線のグリーン車から降り立ったのは、東京・赤坂に総本部があり、山口組に次ぐ全国2番目の構成員数を擁し、「関東の雄」と称される住吉会の関功会長ら十数人の最高幹部だった。

 集まった報道陣が一斉にカメラのフラッシュをたくと、「誰々?」「芸能人かな」とやじ馬が集まり、人だかりができた。

 高級車に分乗して向かった先は、神戸市灘区にある山口組総本部。玄関の前では直系組長らが勢ぞろいして出迎え、最大級の歓待を受けたとみられる。

 8月下旬の分裂直後から、山口組には東京・六本木に本部を置いて構成員数で全国3位の稲川会をはじめ、松葉会(本部・東京都台東区)、福博会(同・福岡市博多区)などの指定暴力団幹部が続々と姿を見せていた。これらの団体はいずれも山口組と友好関係にあり、新年会や互いの組長の誕生祝いの際に訪問し合う間柄だ。

このニュースの写真

  • 山口組分裂でくすぶる仁義なき〝極道再編〟 「関東二強暴力団」住吉会、稲川会にも余波、一枚岩でないウラ事情
  • 山口組分裂でくすぶる仁義なき〝極道再編〟 「関東二強暴力団」住吉会、稲川会にも余波、一枚岩でないウラ事情

関連トピックス

「産経WEST」のランキング