産経WEST

【芸能考察】朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【芸能考察】
朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)

「あさが来た」でヒロイン役の波瑠=3日、東京都渋谷区(寺河内美奈撮影) 「あさが来た」でヒロイン役の波瑠=3日、東京都渋谷区(寺河内美奈撮影)

不安一掃してくれた歴代ヒロインの言葉

 あこがれが強かった分、撮影前の不安は大きかった。そんなとき、力になってくれたのが、歴代ヒロインの先輩たち。「てっぱん」でヒロインを演じた友人の瀧本美織(23)や、「純情きらり」のヒロインで、今回の「あさが来た」の共演者でもある宮崎あおい(29)に話を聞くと、口をそろえて「幸せな時間だった」と答えたという。

 「それを聞いてすごく楽しみになりました。かけがえのない時間になるお仕事なんだなと思いました」

 さて、4度目の正直でつかんだヒロインのモデルは、京都の豪商、三井家に生まれ、大阪有数の両替商に嫁いだ広岡浅子。大同生命保険や日本女子大の創設に関わった日本初の女性実業家といわれている。

 「いまでは働く女性が当たり前ですが、それが許されない時代に、逆境を乗り越えた人。いまの時代に貢献した人」と波瑠は敬意を払う。

 江戸時代後期に生まれ大正時代に没した浅子の生涯にあわせて物語が進むため、ドラマの始まりは江戸時代。朝ドラ史上初の「時代劇」だ。

超ハードスケジュールに加え「時代劇」特有の不自由さ

 朝ドラといえば、超ハードな撮影スケジュールで知られるが、それに加え「時代劇」特有の苦労も体験することになった。

このニュースの写真

  • 朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)
  • 朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)
  • 朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)
  • 朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)
  • 朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)
  • 朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)
  • 朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)
  • 朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)
  • 朝ドラ「あさが来た」波瑠 受けては落ち…のオーディション、四度目の正直でつかんだ夢舞台(上)

関連トピックス

「産経WEST」のランキング