産経WEST

【遅咲きクイーン 夢舞台へ(2)】高校時代は無名 それでも京産大に誘ってもらえた リオ五輪女子マラソン代表 伊藤舞さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【遅咲きクイーン 夢舞台へ(2)】
高校時代は無名 それでも京産大に誘ってもらえた リオ五輪女子マラソン代表 伊藤舞さん

中学時代はバレーボール部に所属していた伊藤舞さん。高校時代から本格的に陸上を始めた=徳島県鳴門市(寺口純平撮影) 中学時代はバレーボール部に所属していた伊藤舞さん。高校時代から本格的に陸上を始めた=徳島県鳴門市(寺口純平撮影)

 --子供のころから走るのは得意でしたか

 伊藤 短距離走は苦手だったんですけど、小学校に入って持久走大会で上位で走れたというのがあって、小学3年のときに母親に市民マラソンの大会に申し込んでほしいと頼んだみたいです。

 --校内のマラソン大会も速かったんですか

 伊藤 1番を取れたのは2、3回ですかね。

 --他のスポーツは

 伊藤 小学校のときに硬式テニスを2年間と、水泳を3、4年ぐらい。習い事としてやっていました。

 --奈良の中学ではバレーボール部所属。バレーを始めたきっかけは

 伊藤 本当は陸上部に入りたかったんですけど、陸上部がなく、ちょうど入学したときにバレー部ができたんですよ。みんな初心者で強くないクラブだったんで、そこだったらできるかなと思って入りました。

 --特に背が高かったわけではなく…

 伊藤 ではなく…。ずっと小さかったんで、中学のときも150センチぐらいだったと思います。

 --バレー部は強くなったんですか

 伊藤 弱かったです。結局、1回も勝てないまま3年間終わりました。メンバーも少なかったんで、みんなレギュラーでした。

 --京都橘高に入ってから、本格的に陸上を始めたそうですが、入学したきっかけは

 伊藤 陸上をしたくて高校を探したんですけど、あまり強いところでやると試合に出れないんじゃないかと思って、ほどほどのところを選んだという感じです(笑)。

 --京都橘はバレーボールの強豪校ですけど、バレーを続けようという思いは

 伊藤 それは全然…。バレーが嫌いになったわけじゃないんですけど、中学時代も市民マラソンの大会には年に2、3回出ていたので、自分は走りたい思いが強かったです。

 --高校時代の専門種目は

 伊藤 1500メートルと3000メートルで、(高校では)5000メートルのレースは出たことはないです。駅伝で6キロ走ったのが最高かな。

続きを読む

「産経WEST」のランキング