産経WEST

大阪帝拳の“辰吉2世”プロボクサーを逮捕 バーベキュー中に男性殴り骨折させた疑い 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪帝拳の“辰吉2世”プロボクサーを逮捕 バーベキュー中に男性殴り骨折させた疑い 大阪府警

前日計量前の京口竜人容疑者

 公園でバーベキュー中に、面識のない隣のグループの男性に因縁をつけて殴り、重傷を負わせたとして大阪府警貝塚署は8日、傷害容疑で大阪府和泉市伯太町のプロボクサー、京口竜人容疑者(25)を逮捕した。「イライラしていた」と容疑を認めているという。

イライラBBQ「何見てるねん」と因縁、拳を下あごに…

 京口容疑者は大阪帝拳ジムに所属。同ジムのホームページなどによると、平成23年の西日本新人王戦で最優秀選手賞(MVP)を獲得し、元世界バンタム級王者、辰吉丈一郎さんをほうふつさせる闘いぶりから「辰吉2世」とも呼ばれていた。

 逮捕容疑は、8月16日午後3時半ごろ、同府貝塚市澤の府営二色の浜公園で友人らとバーベキュー中、隣のグループの20代の男性会社員に「何見てるねん」と因縁をつけ、男性の下あごを拳で数回殴り骨折させたとしている。

 同ジムによると、京口容疑者は、一時は日本フェザー級10位にランキングされたが、今年4月の試合に敗れて以降、ジムに姿を見せていなかったという。

(次ページ)大阪帝拳ジム会長「プロが手を出す…何やってんだ」…

このニュースの写真

  • 大阪帝拳の“辰吉2世”プロボクサーを逮捕 バーベキュー中に男性殴り骨折させた疑い 大阪府警

「産経WEST」のランキング