産経WEST

マイナンバー手続かたる不審な女が訪問 印鑑受け取り用紙に押印 神戸・西区 関東では不審電話で実害数百万円か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


マイナンバー手続かたる不審な女が訪問 印鑑受け取り用紙に押印 神戸・西区 関東では不審電話で実害数百万円か

 マイナンバー制度をめぐり、兵庫県警は6日、区役所職員を名乗る女が神戸市内の女性宅を訪れ、制度の手続きを装って用紙に印鑑を押すよう求める不審事案があったと発表した。

 県警によると、女は9月19日午後2時ごろ、同市西区の市営住宅で一人暮らしの女性(75)宅を訪問。「区役所からマイナンバーのことで来た。手続きで印鑑がいるので渡してもらえないか」と話し、女性から印鑑を受け取り、用紙に押印して立ち去った。目的は不明で、印鑑は返還されたという。

 不審に思った女性が今月5日、近くの交番に相談し発覚した。

 一方消費者庁は同日、マイナンバー制度をかたる不審な電話を受けた南関東の70代女性が現金を支払わされる被害に遭ったと発表した。制度に便乗した詐欺とみられ、実害が確認されたのは初めて。

 同庁は明確な被害金額を明らかにしていないが、数百万円以上という。5日に番号通知が始まり、不審電話が増える恐れがあるとして注意を呼び掛けた。

 消費者庁によると、女性は国の関係機関の相談窓口を名乗る人物から、電話で偽のマイナンバーを伝えられた。その後、別の男性から「公的機関に寄付をしたい」「マイナンバーを貸してほしい」と連絡があり、「寄付への協力なら」と考えて教えたという。

 さらに寄付を受けたとする機関を名乗る人物から連絡があり「マイナンバーを教えたことは犯罪に当たる。記録を書き換えるための金銭がいる」と要求され、女性は郵送と手渡しで2回にわたり支払った。

 

「産経WEST」のランキング