産経WEST

【浪花に舞い降りた紅天女(2)】漫画好きの少女時代 1度読めば全て記憶 漫画家、美内すずえさん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【浪花に舞い降りた紅天女(2)】
漫画好きの少女時代 1度読めば全て記憶 漫画家、美内すずえさん

道頓堀川を眺めながら、故郷の大阪について話す美内すずえさん=今年7月、大阪市浪速区(南雲都撮影) 道頓堀川を眺めながら、故郷の大阪について話す美内すずえさん=今年7月、大阪市浪速区(南雲都撮影)

 --予告と違う内容の漫画を描かせるなんて、編集長も懐の深い方です

 美内 私の一番の財産は人間なんですよ。本当に人に恵まれて、みんなの助けがあってここまで来ました。「ガラスの仮面」の主人公の北島マヤも、何にもしなくてもまわりが助けてくれるんですけど、あるとき「あれ、これってもしかして私?」と。

     ◇

 【プロフィル】美内すずえ(みうち・すずえ) 昭和26年2月生まれ、大阪市出身。16歳で漫画家デビュー。ベストセラーの「ガラスの仮面」(白泉社、1~49巻)は51年に連載がスタートし、舞台やテレビドラマ、アニメにもなった。東京在住だが平成15年から大阪を拠点に葦舟を再現する活動を続け、今年7月からは大阪市浪速区のエンターテインメント施設「アカルスタジオ」のオーナーを務めている。

「産経WEST」のランキング