産経WEST

【ビジネスの裏側】新村上ファンドの第2ラウンド 村上絢氏に父譲りの強面 黒田電気の「捏造」追及で株価上昇?!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
新村上ファンドの第2ラウンド 村上絢氏に父譲りの強面 黒田電気の「捏造」追及で株価上昇?!

C&Iホールディングス最高経営責任者の村上絢氏=8月21日午後、大阪市淀川区

 早くもリターンマッチの第2ラウンドのゴングが鳴ったようだ。電子部品商社の黒田電気に、「物言う株主」として知られた村上世彰(よしあき)氏ら4人を社外取締役に選任するよう提案し、8月の臨時株主総会で否決された世彰氏の長女、絢(あや)氏が再びかみついたのだ。9月3日に公開した文書で、提案に反対した従業員一同の声明文は「捏造(ねつぞう)」と指摘し、経営幹部の辞任を求める。総会直後に「引き続き黒田電気の株主価値向上に取り組む」と宣言した絢氏の父譲りの強面ぶりに注目が集まっている。(牛島要平)

 「ルール違反」

 「株主総会は神聖。きちんとしたプロセスの重要性を理解してほしい」

 9月上旬、都内にある投資会社「C&Iホールディングス」が入るビルの1室で、同社最高経営責任者の絢氏は取材に応じ「捏造」を厳しく追及した。

 問題となっているのは、8月5日に公表された黒田電気従業員の親睦団体「自生会」と「従業員一同」名の反対声明文で、これが自生会や従業員の事前の了承なく同社ホームページに公表されたというのだ。

 絢氏が「証拠」とするのは8月16日に録音されたという音声。自生会会長と同社幹部とされる男性2人の会話だ。

 自生会会長とされる男性が「実際には僕書いていないし、出てから(会社から)ご連絡いただいたっていう状況で。マスコミから聞かれても答えられない」と訴え、同社幹部とされる男性の声が「会長と社長が(声明文を)出そうと言った。従業員の意見は(株主の議決権行使に)効果が高い」としている。

 黒田電気を取材すると、このやりとりがあったこと自体には「コメントできない」としたうえ、「従業員の大部分の意思を反映していることに100%自信がある」と反論。録音でも男性は声明文の内容にまで抗議していない。ある別の幹部は「これって捏造っていえるんですかね…」と戸惑いを隠せない様子だ。

このニュースの写真

  • 新村上ファンドの第2ラウンド 村上絢氏に父譲りの強面 黒田電気の「捏造」追及で株価上昇?!
  • 新村上ファンドの第2ラウンド 村上絢氏に父譲りの強面 黒田電気の「捏造」追及で株価上昇?!

「産経WEST」のランキング