産経WEST

「ピラミッドは5段までに!」 松井知事、10段組み体操崩れ骨折で「制限を検討」 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ピラミッドは5段までに!」 松井知事、10段組み体操崩れ骨折で「制限を検討」 

 大阪府八尾市の市立中学校の体育大会で、組み体操の「ピラミッド」が崩れ、生徒が重傷を負う事故があり、松井一郎府知事は1日、府内の小中高の運動会などでピラミッドの段数制限を検討する考えを明らかにした。府庁で記者団の質問に答えた。

 組み体操をめぐっては、大阪市教育委員会が9月、重大事故を防ぐため、市内の小中高を対象にピラミッドの高さを5段までに規制することを決めた。

 八尾市によると、9月27日午後、男子生徒が四つんばいで積み重なって作る10段ピラミッドのバランスが崩れ、下から6段目の生徒が右腕を骨折。ほかに5人が打撲やすり傷を負った。周囲に教員が補助役で配置されていたが事故を防げなかったという。

 松井知事は同市教委から報告を受け、原因を検証するとしたうえで「事故が起きたからには、段数の制限や組み体操のあり方を指導していきたい」と述べた。

このニュースの写真

  • 「ピラミッドは5段までに!」 松井知事、10段組み体操崩れ骨折で「制限を検討」 

「産経WEST」のランキング