産経WEST

【橋下新党会見(3)】改めて“引退宣言” 「新党に政治的には関わらず、きっぱり終わりにする」と橋下氏

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【橋下新党会見(3)】
改めて“引退宣言” 「新党に政治的には関わらず、きっぱり終わりにする」と橋下氏

会見で改めて〝引退宣言〟をした橋下徹代表=1日、大阪市北区のホテル

 --結党する国政政党の名称に「おおさか」と冠するのは、全国展開の妨げになる可能性も高く、冒険的ではないか。また、平仮名にした意味は

 橋下氏「漢字だと、大阪という地域を指す言葉になってしまう。程度の問題だが、平仮名の方が改革、分権のイメージにつがなるかと思う。国民がすぐにそう思ってくれるかどうか分からないが、地方分権をやっていくんだというチャレンジの意味がある。僕は大阪府知事、大阪市長をやってきたが、政治闘争をやらないと統治機構は変わらなかった。これは口で言うだけではできない。今の国会議員、地方議員を見ても、口では言うが本気だと感じることはない。僕たちは『おおさか』という名称によって、東京とは違うんだということを示し、地方分権、東京一極集中の是正の象徴としたい」

 --橋下さんは5月、大阪都構想が住民投票で反対多数となった際、すっきりした表情で(任期満了の)12月には引退すると言っていた。あの時点とずいぶん状勢が変わっているが、大阪市長をやめた後は「おおさか維新の会」に関わりを持つのか

 橋下氏「政治的には関わりません。5月にも言いましたが、1人の人間ができることは限られている。僕は僕なりに、自分では手を抜かずにやってきたつもりで、大阪都構想にチャレンジした。住民投票で否決はされたが、その設計図は完成させた。また、既存政党を相手にして中核市の市長選に勝てるような政治グループをつくった。今回、国のかたちを変える、大阪を副首都にするための国政政党をつくる。ここまでやったら、有権者の皆さんが何を言おうが、自分では納得している。12月をもって、政治としてはきっぱりそこで終わりにする」

「産経WEST」のランキング