産経WEST

常陸宮ご夫妻がハンドボールをご観戦  紀の国わかやま国体

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


常陸宮ご夫妻がハンドボールをご観戦  紀の国わかやま国体

国体競技のハンドボールを観戦される常陸宮ご夫妻=紀の川市

 「紀の国わかやま国体」視察のため、常陸宮ご夫妻が29日、和歌山入りし、橋本市でバレーボール、紀の川市でハンドボールをそれぞれ観戦された。

 ご夫妻は同日午後、橋本市の県立橋本体育館でバレーボールを観戦された。このあと、ハンドボールが行われている紀の川市の市民体育館を訪問された。

 会場では、日本ハンドボール協会の市原則之副会長からルールやプレーについての説明を受けながら試合をご観戦。途中では、競技で用いられるボールを手に取り、大きさや感触を確かめられていた。

 ご夫妻は「今のはどのようなプレーでしたか」「日本は現在、世界でどのあたりの順位にありますか」などの質問をされたといい、市原副会長は「聡(そう)明(めい)でハンドボールをよくご存じだった。さらに競技への理解を深めていただけたと思います」と話していた。

 会場では、地元住民や県外から駆けつけた応援団らが、国旗を振ってご夫妻のご観戦を祝っていた。

 市立打田中2年の山形樹さん(14)は「雰囲気がある方で、人柄が伝わってきました」と話し、競技について「迫力あるシュートと、それを止めるキーパーがかっこよかった。間近で見られてよかったです」と目を輝かせていた。

「産経WEST」のランキング