産経WEST

【ニュース解説】「数十年に一度」が毎年の衝撃 豪雨災害に「まさか」は禁句 平時の備え怠るなかれ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ニュース解説】
「数十年に一度」が毎年の衝撃 豪雨災害に「まさか」は禁句 平時の備え怠るなかれ

大雨の影響で渋井川の堤防が決壊し、浸水した宮城県大崎市の住宅=11日午前11時34分

 しかし、ソフトの運用面では課題も少なくない。今年7月の台風11号の際、地図上で災害情報を確認できるシステムでデータの入力方法が変わったことを十分認識せず、自治体担当者が操作ミス。多くの情報がインターネット上の地図に反映されなかった。わずかなミスは命取りにもなりかねない。

 東日本豪雨では、鬼怒川の堤防決壊現場に近い地区に、常総市から事前に避難指示が出されていなかったなど市の対応の不備が指摘された。いかにして犠牲者をゼロにするか。今回の東日本豪雨は、平時の備えの重要性を改めて示した。「まさかという油断が災害対策をおろそかにする」。谷口区長の言葉は重い。

このニュースの写真

  • 「数十年に一度」が毎年の衝撃 豪雨災害に「まさか」は禁句 平時の備え怠るなかれ
  • 「数十年に一度」が毎年の衝撃 豪雨災害に「まさか」は禁句 平時の備え怠るなかれ

「産経WEST」のランキング