産経WEST

【関西の議論】「オレ、バツイチやねん」ウソつき不倫は女性の〝貞操権〟侵害!? 「冗談や」通用せず、北新地ホステス勝訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「オレ、バツイチやねん」ウソつき不倫は女性の〝貞操権〟侵害!? 「冗談や」通用せず、北新地ホステス勝訴

「バツイチ」とウソをついて北新地のホステスと不倫交際をしていた既婚男性。ウソが露見してホステスから訴えられ、高い代償を支払った

 「俺、バツイチやねん」。夜ごとバーやクラブに繰り出し、美女の気を引こうとこんな嘘をついてしまう既婚男性は、気をつけたほうがいい。大阪キタの繁華街・北新地でホステスだった女性が、知らずに不倫を強いられたとして、交際していた男性に慰謝料300万円の支払いを求めた訴訟の判決が9月、大阪地裁であった。判決は「バツイチ発言は冗談」とする男性側の主張を一蹴。「女性の精神的苦痛は明らか」として、20万円の支払いを命じた。訴訟を通じて別の女性との〝二股不倫〟が明るみに出るなど、一連のトラブルで男性が支払った代償は高い。大人の男女関係の機微を知るホステスもだまされた嘘。あなたはついていませんか。

妻を「元嫁」呼ばわり

 判決によると、男性(40)は平成15(2003)年に結婚。19年以降に3人の子供が誕生し、同じころに大阪府内のタクシー会社の社長に就いた。仕事も家庭も順風満帆という男性が運命の出会いを果たしたのは、24年のクリスマスの直前だった。

 男性は深夜、ネオン輝く北新地のクラブに友人と繰り出し、席についたホステスの女性(38)と初めて対面した。女性を気に入った男性は「俺バツイチだから」と嘘をつき、無料通信アプリ「LINE(ライン)」でメッセージを送り合う関係になった。

 それから半年後の25年7月、男性は再び店を訪問。懲りずに「バツイチ」をアピールし、女性を口説いた。退店後も「会いたい」とメッセージを送るなど、マメに連絡を取り続けた。

 その甲斐あってか、2人は翌月になって急接近。一緒に食事やドライブに出かけ、キスを重ねる関係に発展した。

「産経WEST」のランキング