産経WEST

【衝撃事件の核心】「変態女を虐める」大阪府警刑事のおぞましきプレイ 掲示板サイト「露出狂の隠れ家」の低レベルな書き込み

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「変態女を虐める」大阪府警刑事のおぞましきプレイ 掲示板サイト「露出狂の隠れ家」の低レベルな書き込み

集団で性行為を行う「パーティー」への参加を募るインターネットのアダルト掲示板の書き込み。これを見て大阪府警箕面署の元巡査部長らが参加し、行為に及んだという

釈放…不起訴の可能性も

 事件をめぐっては、大阪地検が9月18日、元巡査長を処分保留で釈放。元巡査部長やともに逮捕された別の男2人も同月25日に釈放した。地検は釈放の理由を明らかにしていないが、捜査関係者によると、被害を訴えた女性と元巡査長らの供述が一致しないことが主な要因という。

 地検は「捜査を継続する」としており、起訴の可否については今後に委ねられる。だが、逮捕された全員が釈放されるという状況から、不起訴の可能性があることは否定できない。

 一方、府警は元巡査部長が釈放された当日、本人に懲戒免職処分を告げた。犯罪の成否にかかわらず、元巡査長の書き込みに応じて集団での性行為に及んだこと自体を「警察官としての倫理観に欠け、警察に対する信頼を失墜させた」と評価したためだ。

 「お世話になりました。大変ご迷惑をかけました。誠に申し訳ございません」。府警によると、処分を伝達した際、元巡査部長は深々と頭を下げ、こう話した。ただ、懲戒処分に必要な書類を作成する際、署名に応じないなど“抵抗”の姿勢も示していたという。

このニュースの写真

  • 「変態女を虐める」大阪府警刑事のおぞましきプレイ 掲示板サイト「露出狂の隠れ家」の低レベルな書き込み

関連トピックス

「産経WEST」のランキング