産経WEST

【衝撃事件の核心】「変態女を虐める」大阪府警刑事のおぞましきプレイ 掲示板サイト「露出狂の隠れ家」の低レベルな書き込み

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「変態女を虐める」大阪府警刑事のおぞましきプレイ 掲示板サイト「露出狂の隠れ家」の低レベルな書き込み

集団で性行為を行う「パーティー」への参加を募るインターネットのアダルト掲示板の書き込み。これを見て大阪府警箕面署の元巡査部長らが参加し、行為に及んだという

 府警によると、この日午後10時過ぎから、見ず知らずの男数人が20代の女性一人と代わる代わる性行為を繰り返したという。捜査関係者によると、女性が今年5月、性犯罪被害者を支援する病院に訴え出たことで発覚した。

 捜査に着手した府警捜査1課は8月31日、集団強姦などの疑いで、府警OBで四條畷(しじょうなわて)署の元巡査長(32)を逮捕。さらに9月7日、当時現職だった府警箕面署刑事課の元巡査部長(36)の逮捕に踏み切った。

 元巡査部長は箕面署で、詐欺などの知能犯を担当していた。逮捕当初は「女性を乱暴するという掲示板に参加を希望した」と容疑を認めたが、その後の取り調べには口を閉ざすようになったという。

 一方、元巡査長は四條畷署時代に不倫交際で処分を受け、25年3月に依願退職した過去があった。逮捕段階から「監禁したり無理やりやったつもりはない」と供述していた。

面識なし…数奇な運命

 「嘘やろ」

 2人の逮捕を知った府警幹部の一人が思わずつぶやいた。

 府警では現役警察官による殺人事件や強制わいせつ事件など重大な不祥事が近年、相次いでいる。発覚するたびに「また大阪府警か」「不祥事のデパート」などという批判にさらされてきた。

 だが、幹部に衝撃を与えたのはそれだけではない。2人は面識はなかったとされるが、ともに18年4月に府警に採用された同期生だったのだ。

 「3歩以上の移動は駆け足」。こんなルールが存在するほど厳しい訓練で知られる警察学校で、2人は約700人の同期生と集団生活を送ってきた。廊下や校庭ですれ違うことぐらいはあったかもしれない。

 ただ、数奇な運命というほかない。犯罪を取り締まり、市民の安全を守る府警の警察官となった2人はそれから9年後、府警に逮捕された。府警内部からは「みんなが一生懸命仕事しているときに、なんなんや」(府警幹部)と憤りを通り越し、あきらめにも似たうめきも聞こえた。

このニュースの写真

  • 「変態女を虐める」大阪府警刑事のおぞましきプレイ 掲示板サイト「露出狂の隠れ家」の低レベルな書き込み

関連トピックス

「産経WEST」のランキング