産経WEST

【笑顔をつなぐ】文美月(2)「子供に目が届かない」「家事の時間が足りない」…1年半で閉じたネットショップ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【笑顔をつなぐ】
文美月(2)「子供に目が届かない」「家事の時間が足りない」…1年半で閉じたネットショップ

起業した「リトルムーンインターナショナル」のスタッフと打ち合わせをする文美月さん(奥左)=平成27年8月20日午後、大阪市西区(南雲都撮影)

 現在、ヘアアクセサリーの制作・販売会社「リトルムーン」を経営する文美月さん(45)。平成13(2001)年に主婦から起業したインターネットのショップはオープンから1年半でいったん閉店している。仕事に夢中になりすぎて、周囲に目が行き届かなくなり、子供が負傷する事故が起きたことが原因だった。ただ、そうしたこともまた、自らを見つめ直す契機となった。

「これから」と思えた矢先の「事件」

 オープンして半年ほど経(た)ったころ、「ネットショップの店長の勉強会がある」と聞き、私は家族に何とか子供を預かってもらって顔を出すようになりました。小さい子供を抱えていた私にとっては、これが「月にたった一度の外出」。久々に外に出て、店舗運営を学べる場を持てたことは大きな張り合いとなりました。

 学んだことは必ず翌月の勉強会までに実践して、自分のものにしました。なにせ貴重な外出の機会です。「モチベーションがあがった」だけの日で終わらせたくはありませんでした。時間があれば店舗運営の大先輩たちの横にぴったりとくっつき、学ばせてもらいました。限られた時間で集中し、できるだけ多くのことを吸収する。目がギラギラしていたと思います。

このニュースの写真

  • 文美月(2)「子供に目が届かない」「家事の時間が足りない」…1年半で閉じたネットショップ
  • 文美月(2)「子供に目が届かない」「家事の時間が足りない」…1年半で閉じたネットショップ
  • 文美月(2)「子供に目が届かない」「家事の時間が足りない」…1年半で閉じたネットショップ

「産経WEST」のランキング