産経WEST

【徳島大汚職】収賄の元慶大准教授、検察側が懲役2年6月求刑 大阪地裁公判

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【徳島大汚職】
収賄の元慶大准教授、検察側が懲役2年6月求刑 大阪地裁公判

 徳島大病院の医療情報システム関連の契約で業者に便宜を図った見返りに現金を受け取ったとして、収賄罪に問われた元同病院情報センター部長で元慶応大准教授、森川富昭被告(45)の論告求刑公判が28日、大阪地裁(西野吾一裁判長)で開かれ、検察側は「賄賂は被告からの要求で、繰り返し受け取っており悪質だ」として懲役2年6月、追徴金約304万円を求刑した。弁護側は最終弁論で「真摯に反省している」と執行猶予付きの判決を求め、結審した。判決は11月9日に言い渡される。

「産経WEST」のランキング