産経WEST

小4の陰部切りつけ 障害児施設の元職員を逮捕「覚えない」と容疑否認

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


小4の陰部切りつけ 障害児施設の元職員を逮捕「覚えない」と容疑否認

 京都市伏見区の障害児入所施設「桃山学園」で、今年4月、発達障害の小学4年の男児(10)の陰部に刃物で切りつけたとみられる傷がみつかった事件で、京都府警伏見署は28日、傷害と脅迫の疑いで、元職員の男(58)を逮捕した。同署によると、「覚えがありません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、4月20日、男児がおねしょをした際、ハサミを向けながら「陰部はいらない」などと脅し、陰部を約1センチにわたり傷つけたとしている。

 4月22日に男児が父親に「(陰部を)切られた」と訴えて犯行が発覚。両親が今年7月、同署に刑事告訴していた。

 桃山学園を運営する府社会福祉事業団は不適切な対応があったとして9月4日付で、男を停職6カ月の懲戒処分にしていた。

「産経WEST」のランキング