産経WEST

「クレーマー」としてネットに警戒の書き込み 「偽クレーム」詐欺の疑いで逮捕の女、本名で犯行

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「クレーマー」としてネットに警戒の書き込み 「偽クレーム」詐欺の疑いで逮捕の女、本名で犯行

 ケーキやパンに髪の毛が入っていたとうそのクレーム電話をかけ、商品や現金をだまし取ったとして、兵庫県警伊丹署に26日、詐欺容疑で逮捕された同県伊丹市南本町、無職、小野谷(おのたに)知子容疑者(45)。「間違いない」と容疑を認めている。

 同署によると、小野谷容疑者の携帯電話には2~7月だけで、洋菓子店など全国の約1200店に計約7千回の電話をかけた記録があった。電話番号案内104にも約4600回かけていたという。

 小野谷容疑者は本名を名乗っており、インターネット上では「クレーマー」として注意を呼びかける書き込みまであった。同署は小野谷容疑者が2年前ごろから、金銭を求める虚偽のクレーム電話を繰り返したとみている。

 逮捕容疑は今年5月、大阪府豊中市の洋菓子店に、商品を購入していないのに「髪の毛が入っていた」と電話をかけ、代替品としてケーキ1個(356円相当)を詐取。6月には神戸市北区のパン店に同様の電話をして、食パン2個の代金1085円とクリームパン2個(248円相当)をだまし取ったとしている。

「産経WEST」のランキング